テレビはとても楽しい娯楽です。

乳幼児にもテレビを見せてもいいと思います

テレビはとても楽しい娯楽です。 乳幼児にテレビを視聴させることには、害があるとよく言われます。まだ脳の発達が未熟な乳幼児には、テレビからの音や光の刺激が強すぎるのだそうです。また、テレビにくぎ付けになってしまうと、親子のふれあいの時間が減ってしまう、などとも言われます。果たして、本当にそうなのでしょうか。私も一人目の育児の時には、極力テレビを見せないように努力しました。

けれども周りには、少数派ではありましたが、テレビを見せるお母さん達もいました。その子達は、今3歳を過ぎました。私の周りに限った話なので、データとしては不十分かもしれませんが、テレビを見て育った子ども達の方が、発達が早いように見えます。ある子はとてもおしゃべりが上手で、大人顔負けのことを言いますし、文章の構成が他の子とは全く違うレベルです。またある子はお絵かきがとても上手で、まだ何を描いているかわからない我が家の子に比べて、明らかに何のキャラクターかわかるような絵を描きます。

それは単に偶然で、たまたまその子達にそういう才能があっただけかもしれません。けれども、神経質にテレビを排除するよりは、ゆったりした気持ちで見せてもいいのでは、と私は今思い始めています。お母さんが見たいテレビを我慢してストレスをためるよりは、一緒に見て笑顔になれたら、その方が子どもにとってもいいように思うのです。

Copyright (C)2022テレビはとても楽しい娯楽です。.All rights reserved.